céu 動画

2.11(wed) J-WAVE NOEVIR SAUDE! SAUDADE…CARNAVAL 2009@麻布十番WAREHOUSE702の映像です。


 
 

【 céu – セウ 】 (ani – cámaci)

振り上げた右手 カンバスに溶け
喉を枯らした声 掻き消される
削ぎ落とされた衝動 どこへ向かうべきなのか?
移り行く感傷 なんの意味があるのか?

独り膝を抱えて「サウダーヂ」だなんてカッコ付けても
何もはじまらない。何も終わらない。

モシダーヂ
青空に沸き立つ入道雲
地平線に描き出される稜線
モシダーヂ
大地を揺るがす力強いリズム
境界を飛び越えてダイブ 向こう側の世界へ

呟いた言葉 空中を浮遊し
抱いた希望 消し去るのは誰
形のない自分 壊れていくだけなのか?
見えない連帯 何の意味があるのか?

独り親指立てて「ボアソルチ」だなんてカッコ付けても
誰も繋がらない。誰も繋がれない。

モシダーヂ
夕闇に沈み行く太陽
水平線が滲む最後の抵抗
モシダーヂ
心掻き立てるスムースなメロディ
境界を飛び越えてダイブ 手の届く未来へ

ボロボロのスニーカー引っぱり出して全力で走れ
軽快なステップも美しいフォームもいらない

ケンタォン!!

バハカォンのエアコンが突然の故障。今日、業者の人を呼んだんだけど、部品の交換が必要とのことで、しばらく暖房が使えなくてチョー寒いっす。

というわけで、ただいまブラジルのショウガ酒、ケンタォン仕込み中!!
quentão

こりゃ暖まるぜ!!

09.03.15.(sun) mocidade north ground ao vivo

mvから産まれた新機軸サンバトリオmocidade north ground (m.s.s.)。サンバの殿堂・青山プラッサオンゼでの2008-2009 countdown liveに出演以来、2度目となるライブを行います。なんと2度目のライブにして初ワンマン!!お見逃しなく!!

【mocidade north ground ao vivo】
DATE:2009.03.15.sun / Open 18:00 Live 19:00〜 20:30〜 (2stage)
LOCATION:青山Praça Onze
CHARGE: 2100yen (+ order) 
LIVE: mocidade north ground (cámaci + quengo + soeji)

LilyPond

double-lily
ちょっと頼まれた仕事で譜面を清書する作業があって、ウェブで探してたらこんなアプリケーションを発見。ちょっと前にノタミウのホーンアレンジのために譜面を作成をしなくちゃいけないときがあったんだけど、そのときはFinale Notepadを使おうとして、あまりの融通の利かなさに途中で使うのをやめて、結局手書きになっちゃった。

昨日からLilyPondを使い始めてみて、最初は日本語の解説サイトを見て回ったんだけど、バージョンが更新されてかなり中身が変わってて役に立つ情報があんまりなかった。本家サイトのドキュメントを見ながら格闘してたら結構分かってきた。やっほい。TeXみたいにタグを書いてアウトプットを制御するから、挙動が軽いし本質的な部分が理解できればすごく使い勝手がいい。まだ試してないけど、MIDI出力もできるみたい。スゲーオススメです。

LilyPondでセウの譜面を作ってみた。プロっぽいぞ。
ceu1 ceu2 ceu3

やっとひといき。

先週の水曜日のJ-WAVE NOEVIR SAUDE! SAUDADE…CARNAVAL 2009@麻布十番WAREHOUSE702から息つく間もなく、土曜深夜はmvがお届けする大人のバツカーダ練習会、エンサイオ・テキニコ。2年前にはじめたこの企画も今回で6回目ということで、手探り状態というところからは一歩踏み出せたみたい。

翌日曜日はサッシペレレでライブ。水曜日のイベントにも出演していたBAQUEBAを率いる古尾谷悠子とのデュオ。PecomboやINSPiのバックでは何度か一緒に演奏したことがあるんだけど、2人だけでってのはジツは初めて。SAUDE! SAUDADE…オーガナイザーの中原仁さんも観に来てくれてたんだけど、氏の言葉を借りるならリオ〜サンパウロ v.s. バイーア〜ヘシーフェの異種格闘戦的な異色な組み合わせ。かと思いきや、カヴァキーニョとチンバウの相性が意外と良かった。

カメラマンのメンゴさんが写真をたくさん撮ってくれました。ありがとうございます!!

[nggallery id=3]

おれたちのライブの後は、YUuKA Group。なんてったってボーカルのYUuKAの迫力ったらすごい。バックのベテラン勢を従えるその姿は貫禄たっぷり。マシュウさんとダミアォンのカリオカコンビは言わずもがなだし、ジョーさんのバンジョーも踊ってた。その豪華メンバーを牽引するたかさんのカヴァキーニョも大人の渋み。たかさんみたいなデカいおじさんこそカヴァキーニョが似合うと個人的には思う。

最後はmvなかくん率いるGrupo Semente da Paixão。こちらにも先日のSaude! Saudade…のイベントに出演していたBARRAVENTOを率いる鬼軍曹ことミゾさん、mvの切り込み隊長マサオがメンバーということで、楽しみにしてたんだけど。なかくんのパゴーヂが、いかにも青春って感じでキュンキュンきちゃう。カヴァーものもセンスの良い選曲だし、なかくんのオリジナル曲がスゲー美メロ。前から思ってたんだけど、いろんなパゴーヂバンド集めてパゴーヂ祭やりたいなーって本気で思った。最後の曲、Almir Guinetoのメドレーでジョーさんと共にゲストに呼び込まれる。アルコールのチカラも借りて、人のステージでスンゲー楽しんじゃった。なかくんありがとう!!

悠子ちゃん、ミゾさん、なかくん、マサオ、とSaude! Saudade…の出演者がたくさん出演するステージということもあって、会場には仁さんはじめ多くの関係者が来ていて、カーニバルの打ち上げみたいな雰囲気。帰りは、最近ヨコハマに移住してきたmvの特攻隊doB&Tatzと一緒に氷結呑みながら横浜に戻り、中華街で呑み直し。

これでやっとひといき。しばらく地下に潜伏します。

春一番が吹いた日

バハカォンの看板が大破しました。かねてから分かりづらいと評判だったバハカォンの看板ですが、いよいよリニューアルしないと。

【本日のB.G.M.】春一番が吹いた日 by The Chang
[audio:http://mocidade10.sakura.ne.jp/camaci/wp-content/uploads/2009/02/haruichiban.mp3|artists=The Chang|titles=春一番が吹いた日]

ムジカ・モデルナ – V.A.


楽天で購入

1. Já É! (Lulu Santos)
2. Made in Japan (Pato Fú)
3. 24 Horas com Você (Pedro & Tiago)
4. Amor, Amor (Wanessa Camargo)
5. Do It (Lenine)
6. Não Olhe pra Tras (Capital Inicial)
7. Se Ainda Existe Amor (Leonardo)
8. Ao Sentir o Amor (Alexandre Pires & Fat Family)
9. Epitafio (Titãs)
10. Pra Lá que Eu Vou (Bruno & Marrone)
11. Pot-Pourri de Samba Rock (Adryana & A Rapaziada)
12. Goiavada Cascão (Dudu Nobre)
13. Final Feliz (Só Pra Contrariar)
14. Minha Fantasia (Só Pra Contrariar)
15. Deixa Acontecer (Grupo Revelação)
16. Talvez (Grupo Revelação)
17. Ligação Urbana (Bruno & Marrone)
18. Nervos de Aço (Leonardo)
19. Aquarela do Brasil (Jorge Aragão)

ブラジル音楽でどんなを聴いたらいいのか分からないから教えてー、ってよく聞かれます。でも、ぼくが好きなアーティストを薦めても、その人が気に入ってくれるとは限らない。嗜好を知るための手がかりが何もないとき、まずはコンピレーション物を聴いてもらってアタリをつけるところからはじめます。

コンピレーション物にもいろいろあるんだけど、今回紹介するこのムジカ・モデルナ。2006年に発売された同タイトルのディスクガイド本(ジツは僕も執筆陣の末席に名を連ねさせて頂いてます)のタイアップ企画CDなのですが、ブラジルで流行している音源をパッケージした、当時としてはとても画期的なコンピレーションアルバムでした。監修は西荻窪でブラジリアンアンテナショップAparecidaを経営しているWillie Whoper氏。日本で比較的入手しやすい音源で構成されているコンピレーションなので、気に入ったアーティストがいればそのアルバムを購入したり、直接ぼくに「こういうのが好きだったー」なんて言ってくれれば次に紹介しやすいです。

m.n.g.リハ

3.15 mocidade north ground ao vivo@青山プラッサオンゼに向けたリハーサル。昨日のノタミウライブの疲れが残ってたから、のんびりリハ。正月に同じくプラッサで行ったライブの復習と、新曲のアレンジなど。トリオバンドって、いかにもバンドって感じでスゲー楽しいな。

灰の木曜日

[nggallery id=1]

麻布十番WAREHOUSE702で行われた、日本最大級のブラジル音楽イベントJ-WAVE [NOEVIR SAUDE! SAUDADE…] CARNAVAL2009に、mv bateria nota 1000(ノタミウ)が出演しました。ご来場のみなさま、出演者のみなさま、関係スタッフ諸氏、本当にありがとうございました!!

600名近くの来場があったそうで、フロアはカーニバルの熱気さながら。バハカォンもブースを借りて出店してたんだけど、バハカォンギャルズのおかげか、オープン間もなく完売。

ノタミウライブ。ステージに登場してメンバーと握手してたら、なんだか涙が出てきそうになった。もう3年も前のことになるけど、ani presidenteと「日本におけるサンバの在り方」みたいなハナシを毎日してて、迷走しながらも考え得る最大限の努力をしながら突っ走ってきたつもり。まだまだ未完成だけど、現時点でのおれたちのサンバを多くの人たちに観てもらうことができた。mvの物語はまだまだ序章。これからも突っ走っていくぜ。

日濠戦

明日ヨコハマで行われるアジア最終戦のために訪日中のオーストラリア人観光客がバハカォンご来店。雑な国際交流で盛り上がる。英語を喋ろうと思っても、ついポルトガル語の単語が出てきちゃう(かと言って、ポルトガル語会話もできないんだけど)。テキーラ祭になって、おれもヘベレケ。