ありがとうプラッサ!!

プラッサオンゼでのm.n.g.ライブ、大盛況。ホントみんなありがとー!!

m.n.g.の初ライブがプラッサでの年越しだったから、ちょうど半年。とくにここ2ヶ月でライブが続いたから、バンド感がイイ感じで出てきた。最近なんだかライブが楽しくて仕方がない。肩の力が抜けて自然体でライブできてる感じ。きっとこういうことなんだなー。

[audio:http://mocidade10.sakura.ne.jp/camaci/wp-content/uploads/2009/06/nosso_grito.mp3|artists=mocidade north ground|titles=nosso grito]

090628 m.n.g. ao vivo setlist
1-01. Zera A Reza
1-02. Inconformado
1-03. Serrado
1-04. Tive Razão
1-05. Eu Canto Samba
1-06. Nasci Pra Sonhar E Cantar
1-07. Mulé Boa
1-08. Nosso Grito
1-09. Baixa Essa Guarda
1-10. Pela Vida Inteira

2-01. Renata Renatinha
2-02. Acredite Ou Não
2-03. Bananeira
2-04. Berimbau
2-05. Não quero dinheiro
2-06. 雨
2-07. 不忍池の真ん中で
2-08. ヴァモス!!
2-09. セウ
2-10. Taj Mahal

Encore. Não Deixe O Samba Morrer

——

summersonic
引き続き投票を受付中!!

投票サイトはこちら。
http://emeets.jp/pc/artist/1730.html

ケータイからはこちら。
http://emeets.jp/mobile/artist/1730.html

090628 (sun) m.n.g. ao vivo@Praça Onze

横浜を中心に活動中のG.R.B.P. mocidade vagabundaからのスピンオフユニット、mocidade north groundが日本サンバの殿堂・青山PraçaOnzeにてふたたびワンマンライブを行います。ブラジル音楽を通じて横浜で出会った北関東出身のcámaci(cavaco & vocal, from TOCHIGI)、quengo(bass, from GUNMA)、soeji(Dr., from IBARAKI)の3人によるパルチードファンクが炸裂。現在進行形の横濱SAMBAを青山でGet It On!!

 

【m.n.g. ao vivo】
Date: 2009.06.28.sun 18:00open/19:00start (2 Stage)
Location: 青山Praca Onze
Charge: 2,100yen (+order)

——

summersonic
引き続き投票を受付中!!

投票サイトはこちら。
http://emeets.jp/pc/artist/1730.html

ケータイからはこちら。
http://emeets.jp/mobile/artist/1730.html

movies 090606 cámaci + m.s.s.

6/6に出演した【Festa Junina 2009】でのcámaci + m.s.s.の模様をYouTubeにアップ。このブログのタイトルにもなっているFundo de QuintalのNosso Grito。おれたちがやるとこうなる。

ゲストボーカルにMIHOCOを迎えたPor Causa de Você, Menina。歌わずにカヴァキーニョ弾くだけってスゲー楽しい!!


——

summersonic
引き続き投票を受付中!!

投票サイトはこちら。
http://emeets.jp/pc/artist/1730.html

ケータイからはこちら。
http://emeets.jp/mobile/artist/1730.html

出れんの!?サマソニ!?

summersonic

国内外の魅力的なアーティストたちが多数出演する夏フェスsummer sonic参加へのオーディションに、我らがG. R. B. P. mocidade vagabundaのフラッグシップユニット、mv bateria nota 1000で応募中。ネット投票の上位200組が最終選考に進み、パフォーマンス・チェックを経て最終合格者が決定って仕組みなんだけど。いよいよ本日からそのネット投票が!!

投票サイトはこちら。
http://emeets.jp/pc/artist/1730.html

ケータイからはこちら。
http://emeets.jp/mobile/artist/1730.html

投票方法
1.各アーティストページの投票欄で、メールアドレスを入力してください。
※メールアドレスは省略可能です。
※メールアドレスを入力して投票すると、抽選で3名様にiPod Touchをプレゼントいたします。

2.投票規約を必ずご確認いただき、「投票規約に同意します」のチェックボックスにチェックを入れてください。

3.[投票する]ボタンをクリックしてください。

さらに。

Q.何回も投票できますか?
A.同じアーティストには1日1回、投票することができます。別々のアーティストには一日に何回も投票することが可能です。

てなわけで、PC&ケータイで1日1クリックずつ!!

日記・ブログ等への転載も大歓迎。みんなの力でサマソニにSAMBA旋風を巻き起こそうぜ!!

THE☆BRAZIL祭ありがとう!!

6.14THE☆BRAZIL祭@高田馬場ClubPhaseに来てくれたみんなありがとー!!

ロックのハコでのm.n.g.、はじめての経験だったけど、すんごく気持ち良く演奏できた。早い時間に演奏が終了したから、ゆっくりたっぷりのんびりイベントを楽しんだ。いんやー楽しかった!!

次回m.n.g.は6/28 (sun) @青山PraçaOnze。よろしく!!

m.n.g.リハ

日曜日のTHE☆BRAZIL祭に向けたmocidade north groundのリハ。たっぷり3時間かけて、じっくり7曲。まずまずの仕上がりか。

新曲やるよ☆

歌謡サンバ

中目黒楽屋でTHE Amor Maiorとコーヒーカラーのライブ。THE Amor Maiorのリーダーのジョーさんとコーヒーカラーのボーカルの中山さんは、一緒に恵比寿横町で流しの弾き語りをやっているらしい。

歌謡サンバの夕べ、と銘打たれた今回のライブ。コーヒーカラーの絶賛売り出し中の超名曲『人生に乾杯を!』をはじめ、『サライ』や『マイウェイ』などを共演。なかなか面白い雰囲気でした。

Festa Junina 2009 ありがとうございました!!

ブラジリアンダンスユニットLuaLuaLua主催のイベント『Festa Junina 2009』にmocidade samba systemと一緒に出演させていただきました。関係者各位、ご来場のみなさまありがとうございました!!

一年前に比べてメンバーの倍増したLuaLuaLuaのダンスショウ。一期生の成長と、二期生の初々しさ、レギュラー陣の貫禄と、見応えたっぷり。クオリティもグンとアップしていて、45分のショウがとても短く感じられました。これだけのショウを作り上げながらのイベント運営は本当に大変なことだったと思います。本当におつかれさま。

で、cámaci + m.s.s.。ジツは前日の深夜に某所で某企画のレコーディングがあってmvでサンバ音源を録音。メンバーの半数が極度の睡眠不足。現場入りの時点からみんなやたらテンションが高く、はじめての編成ということもあり、どうなることかと危惧されていたのですが。そのテンションが本番まで持続し、かえってこれまでよりエヴォルサォンに溢れたステージに。ゲストボーカルに迎えたmvのディーバmippocoも、フロアにその美声を轟かせてくれました。

Miyuki & Maganosと市成闘牛牧場のステージも、それぞれ特徴の異なるパフォーマンスで、大いに楽しませていただきました。Love for Sale!!ザキさん&BlenゴウさんのDJなんて、言うまでもなくサイコー!!

というわけで、盛大な打ち上げでも打ち上がり切らず、渋谷に移動してBlen Blen Blenで2次会、さらにWombで一暴れ。長い一日となりました。

今週は6/9(火)にTHE Amor Maior@中目黒楽や、6/14(日)にmocidade north ground@高田馬場Phase、があります。よろしくどうぞ!!

Mário SérgioとCleber Augusto

ラティーナ6月号をパラパラめくっていたら、仲くんによるFundo de QuintalのDVDのレビューにMário Sérgio脱退との記載が。Mário Sérgioといえば、当BlogタイトルのNosso Grito。A gente ri, a gente chora, e a gente abre coraçãoの歌声でもお馴染みのFundo de Quintalの3代目カヴァキニスタだ。気になって調べてみたら、こちらのサイト(ポルトガル語)にFundo de Quintal脱退に関するインタビューが。18年に渡るFundo de Quintalのキャリアを終え、今後ソロ転向して、ボサノバやサンバホッキも歌っていきたいとのこと。仲くんの記事にもあるように、ぼくらにとってのリアルなFundo de Quintalは、ArlindoでもSombrinhaでもなく、Mário Sérgioだった。今後のご発展とご活躍に期待してます。ちなみに、今月リリースしたソロアルバムのタイトルが『Nasci pra Cantar e Sambar』だって。Dona Ivone Lalaへのオマージュか。かっこいいぜ。

一方、数年前にFundo de Quintalを脱退していたCleber Augusto。最近まったく話題がないなぁと思ってたら、FDQ公式サイトの2009/5/12付の新着記事によると、どうやら現在失踪中で音信不通らしい。どこかで見かけたら連絡くれみたいなことが書いてある。無事を祈る。