カーニバルの朝。

日本中のサンビスタが今日という日のために生きている。

本日、浅草サンバカーニバル。今年は浅草サンバカーニバル30周年ということで、全体的にかなり盛り上がってる。当日までの準備をなにも手伝えなかったんだけど、mixiやtwitterや業務連絡用のメールからみんなの興奮が伝わってきてワクワクする。

カーニバルといえば、3年前の2007年。Arlindo Cruz率いるImperio SerranoのAla do Banjoでリオのカーニバルに出場した。Consentração(待機場所)に集合して出番を待っていたら、だれからということもなくその年のImperioのSambaを歌い始め、気付けば大合唱になっていた。パレードスタートの合図の花火。そこから先はあれよあれよという間にパレードが進む。

今年はオープニングでバテリア(打楽器)としてパレードの後、学生サンバ連合ウニアン・ドス・アマドーリスでアーラで出場。Chegou a hooooooooooora!!!!!!

夏よさらば、そして祝福を。

今年はホントに夏を満喫。週末のたびに海にいたような気がする。久しぶりに墓参りもしたし、充実の2010夏でした。

と締めくくりたいトコだけど、まだ夏は終わらないんだな。8月の最終週、土曜日は浅草サンバカーニバル。30周年ということでかなり盛り上がってるみたい。オレはオープニングパレードと、古巣ウニアン・ドス・アマドーリスで参加するよ。

浅草翌日の日曜日は、今夏の最後のビーチパーティ【Sarava!】にmocidade north ground出演します。こないだSurfersでのセッションでご一緒させてもらった光風さんも出るよ。すんげー楽しみ!!チャージフリー(投げ銭大歓迎!!)だから、夏に別れを惜しんでる人も、夏を充分に満喫できなかった人も、みんな来ちゃえばいいじゃん!!

【Sarava!】
– The final day on the summer beach party 2010 !! –
DATE : 2010.08.20.sun 16:00start
CHARGE: FREE (投げ銭)

【LIVE PA】Organic Dub, Sea Breeze Samba, Samba Soul, Raggae…
■ 光風 (Mitsukaze & Green Massive / COOL WISE MAN)
KTa☆brasil (ケイタブラジル)
mocidade north ground
■ Canto IMPERIO SERRANO” and more!

【Selector】 Sea Passion Sound System…com Baía de Todos os Santos
■ EL GORDO + KTa☆brasil (GUANABARA BROTHERS)

【Plannning】 KTa★brasil & ani (G.R.B.P. mocidade vagabunda)

サラバ!2010夏の海。逗子海岸のBrasilian SeasideClub “Pilequinho”を彩る最後の花火をオーガニックな音楽で描きます。そして新たな季節へのSarava! 祝福を捧げます。夏海最後の日をみんなで締めくくりたいという心意気でなんと入場料無し☆熱い「投げ銭」パーティー! 

出演はFUJIROCKや朝霧JAMでもおなじみ、日本を代表するSKA,DUB BAND、”COOL WISE MAN”からフロントマン光風ひきいるGREEN MASSIVE。そこにKTa☆brasil dub-samba Percussion! そして昨年のサマソニにも出場、今年はアルバムリリースもしたG.R.B.P. mocidade vagabunda生え抜き注目の3ピースのバンド、モシダーヂ・ノース・グラウンドが登場。ソウルフルなバチーダはまちがいなし!さらに、この最後の海をイニシャライズする曲目のカント・インペリオ・セハーノはオーガニック・サンバを披露。DJならぬSelectorは渋谷WOMBを湧かせたSuper Carioca Brothers!より”Guanabara Brothers”コンビが登場。月刊LATINA編集長でもあるEL GORDOとKTa☆brasilによる重量級なRIDDIM&MELODIAがBRASILとJAMAICA、そして逗子の海を繋げます♪ 

Vem comigo!  さらば、夏。Sarava! =祝福を!

ギターとカヴァキーニョとカマシ。

みなとみらいを一望するfitness & spa resort INSPAで、はじめてのギター弾き語り。去年の夏くらいに弾き語りができるようになりたくて安い中古のギターを買ったんだけど、ようやく人前で演奏できるかなーってレベルになってきた。

よく、昔エレキギター弾いてたんでしょ、とか、カヴァキーニョ弾けるから、とか言われるんだけど、やっぱり違う楽器なんだよね。ナニがどう違うのかって、細かい違いがいっぱいあるからそれらをイチイチ挙げ出すのもヤボってもんで、例えば、ドラムとハンドパーカッションくらい違う。ゲートボールとゴルフくらい違う。親子丼とカツ丼くらい違う。そういうモンなんです。

それはとにかく、やっぱりギターって楽器はスゴイ。これが世界中で広く使われてる楽器なんだなぁって心から実感。ギターには無限の可能性がある。ギターを弾いてるといろんなアイデアが膨らんでくる。それが思うように実現できなくて最初はイライラするんだけど、ちゃんと付き合ってやると応えてくれる。これが快感で、しばらく夢中になってる。

もちろんカヴァキーニョも弾いてるよ。浮気じゃないんです。どっちも本気(マヂ)なんです。

というわけで、次は8/29(日)にカヴァキーニョトリオmocidade north groundでビーチライブ。m.n.g.で海でやりたいなぁってずっと思ってたんだけどなかなか機会がなかったから、スンゲー楽しみだ!!詳細は追って。

ギターとカヴァキーニョとカマシ、愛するあなたのため、毎日磨いていたいから。

サンバはストリートミュージックだ。

KTa☆Brasilとノタミウのギタリストのマサオと3人で渋谷でスタジオセッション。逃げも隠れもしない直球勝負のサンバ。こういう感じ、久しぶり。

横浜に戻ってなんとなくそんな気分になったから伊勢佐木町でちょっとギターで弾き語りしてたら、夏の夜風が気持ちいい。mv結成以前、サンバの方向性を模索してるときにパゴーヂしてた場所。いわば、原点。スタジオを出たあとにKTaと原点のハナシをしてたからそんな気分になったんかな。

なんとなく最近、夏風邪にやられてるっていうのもあるんだけど、本調子じゃない感じ。こういうときにこそ、自分を見失うくらいにがむしゃらにやった方がいいんだよな。「花は自分が見えないから美しい」って、オトナの青春映画『サイドウェイズ』のワンシーン。

これからたまに路上に立とうと思います。見かけたら声かけて。