THE BOOMと東北大震災

昨日のおはなし。

THE BOOMのライブに行ってきた。
天気がよかったので、日ノ出町の自宅から徒歩で会場の横浜BLITZに向かう。

Lenine & Suzano、Gilberto Gil、MONOBLOCOの来日公演のときに宮澤さんをお見かけしたことがあるくらいで、実際にTHE BOOMをちゃんと観るのははじめて。

まずは、舞台監督の山品晃彦氏による開演前の挨拶。
通常聞かないようなアナウンス。「震度3以下なら演奏を一時停止して場内アナウンスに従うように、震度4以上なら演奏を中断して非常口から会場外に避難すること」

実はこの方、仙台市にお住まいで、まさに今回の大災害の被災者のひとり(岡山一成の大ファン!)。自らの経験をふまえ、明確な基準を明確に伝達している姿に、なんだか身震い。

ライブの本編は、ライブというよりも、コンサートといった風情。アコースティック主体の編成で、高校時代に聴きまくっていたFACELESS MANとか極東サンバから何曲もやってて楽しかった。

コンサート終了後、楽屋までお邪魔して宮澤さんにご挨拶。MONOBLOCO来日公演のときにノタミウのCDを宮澤さんにムリヤリ手渡していたんだけど、「あぁ、セウよかったよ〜」なんていって覚えていてくれてた。

で。
舞台監督の山品さんとふたりで関内の焼き鳥屋に移動。ホッピーを飲みながら(山品さんは大のホッピー好き)、地震直後の様子、現在の様子についていろいろ伺う。東北の音楽関係者の現状についていえば、ホール関係が壊滅的で、エンジニアさんや機材が使われないまま眠ってしまっているそう。なので、チャリティーイベントとかやるなら、ぜひ東北の業者を使ってほしいとのこと。なるほど。これからフライヤーなどの印刷するときには、東北の業者さんを探すことにしよう。

あとは、とにかく日常を取り戻してほしいとのこと。なにかできることはないか、ウジウジ悩んでるくらいなら、日常生活を送ってほしいと。

そうだよね。

そうだよね。

というわけで、5/6(金)、変な自粛ムードのない、普通のライブをします。

【m.n.g. ao vivo】
■2011.05.06. (fri) open 19:00 / start 20:00
■location: 青山プラッサオンゼ
■charge: 2300yen + order
■live: m.n.g.
  camaci (Vo. & Cavaquinho, from TOCHIGI)
  quengo (Bass & Vo., from GUNMA)
  soeji (Drs., from IBARAKI)

110506 (fri) 青山プラッサオンゼでm.n.g. ao vivo

ゴールデンウィーク真っ只中に青山プラッサオンゼm.n.g.ライブやります。
m.n.g.のライブの前に、ちょっとオレ弾き語ります。

弾き語りしか観たことない人も、m.n.g.しか観たことない人も、この機会にぜひ。
ちなみに、プラッサオンゼのブラジル料理はかなり美味しいので、料理目当てでもぜひ。

横浜を拠点に活動中のサンバ小集団mocidade vagabundaからのスピンオフ・カヴァキーニョトリオm.n.g.ことmocidade north groundが黄金週間(いわゆるSemana de Ouro)真っ只中に、サンバの殿堂・青山プラッサオンゼでのワンマンライブが急遽決定!camaci (vo. & cavaquinho, from TOCHIGI)、quengo(bass, from GUNMA)、soeji(drums, from IBARAKI)の北関東出身の3人による、サンバ/パゴーヂをベースにファンク、ロック、ジャズ、ポップス、スカ、レゲエなどあらゆる音楽をクロスオーバーさせた北関東発ブラジル経由の横濱パルチードファンクが青山で炸裂!!今回は特別に、camaciによるギター弾き語りも。

【m.n.g. ao vivo】
■2011.05.06. (fri) open 19:00 / start 20:00
■location: 青山プラッサオンゼ
■charge: 2300yen + order
■live: m.n.g.
  camaci (Vo. & Cavaquinho, from TOCHIGI)
  quengo (Bass & Vo., from GUNMA)
  soeji (Drs., from IBARAKI)

バハカォン新装開店。

2007年のオープンから3年半。はじめての飲食店運営ということでみんなでドタバタしながらやってきたんだけど、本腰を入れるために体制も店内も大幅リニューアル。バハカォン2.0時代の到来。

店名も「ブラジリアンダイニング バハカォン」と改め、今週からはキッチン担当のそえぢがひとりで店を切り盛りします。これまで平日に来てくれてもそえぢ不在でフードメニューが限定されちゃってたんだけど、これからは美味しいブラジル料理が毎日食べられます。

横浜のブラジル料理 | 関内ブラジリアンダイニング バハカォン
URL: http://barracao.mocidade.jp

おれはレギュラーでカウンターに入ることはなくなっちゃったけど、運営には携わってるし、たまに店に立つこともあるから、ぜひ遊びに来て。

というわけで夜の時間があいたので、今後は平日夜のライブもぼちぼち入るかも。よろしくどうぞ。

あれから一ヶ月。

先の震災で命を落とされた方々のご冥福と、事故に遭われた方々の復興を心からお祈りしています。

あの日以来、おれにできることはなにかないか、ってところから始まって、おれってなんのために生きてるんだろう、ってことばっかり考えてた。

なにがしたいのか、なにをすべきなのか、思春期以来、幾度となくおれを捉えて止まないテーゼと闘ってた。

自分にとって無駄な経験なんてひとつもないってのが信条だったんだけど、はじめてここ半年間の自分を悔いた。

ブレちゃいけない。

だから、おれはこれからも歌い続けます。

それがサンバの哲学。